Employment activities

貿易事務で働くなら求人情報を確認【気軽に調査できる】

英語力を活かせる仕事

資格取得で就職を目指す

男性とカバンイラスト

商社やメーカーで貿易に関する業務に携わるのが、貿易事務の仕事です。
求人数は決して多くはありませんが、探せば必ず見つかる仕事なので、就職を希望する人は条件を比較しながら理想の求人情報を探してみましょう。
事務に関する基本的な技能は必要となるので、ワードやエクセルといったパソコンの操作をマスターしたり、事務経験があると就職に多少有利となります。
しかし、いくら事務能力が高くとも、英語の技能がなければ務まらないのが貿易事務です。
貿易事務は英語での電話対応や英文作成、英文読解が必須となる仕事ですので、高度な英語能力が求められます。
TOEICやTOEFLで高得点を取ったり、英語検定に合格しておくなど、英語能力の高さを証明できるように準備しておきましょう。
高い英語能力さえ証明できれば、未経験でも雇ってもらえる可能性は高くなります。
また、未経験から貿易事務職に就きたいのであれば、通関士の資格があると就職に断然有利となります。
通関士は取得難易度の高い資格ではありますが、これだけで貿易事務以外にも、貿易に携わる様々な職に就くことができます。
加えて、最初から高給を約束されることも少なくないので、将来的に長く貿易に関する仕事に携わっていきたいという人は、通関士資格の取得を目指しましょう。
貿易事務の求人は、一般的な求人情報誌でも確認することはできますが、資格取得のために専門の学校に通っている場合は、学校が紹介してくれることもあります。
はじめから貿易事務の仕事に就くという目標が決まっている場合は、学校側に相談しておきましょう。

国際舞台で活躍できる

人形

世界中の人とコミュニケーションを取ることができる貿易事務の魅力は、なんといっても高い英語力を活かすことができるという点です。
求人情報をチェックすると、条件には必ずといっていいほど、英語力についての記述が掲載されています。
貿易事務は、輸出業務と輸入業務をスムーズに、かつ円滑に処理する仕事です。
電話での対応では高い英会話能力が求められますし、メールでのやりとりも頻繁なので、高い英語読解力と英文作成能力が必要となります。
英語が苦手な人にはおすすめできませんが、英語が得意で実力を試したい、英語スキルを磨きたいという人には理想的な仕事です。
実際に、貿易事務職に就いたお陰でTOEFLやTOEICの取得点数が上がったり、英語検定に合格したという人も少なくありません。
英語能力を活かしたいという人は、貿易事務の求人情報をチェックしてみましょう。
貿易の世界は非常にシビアで、交渉の際にはスピーディーな対応が求められます。
英語力の他にも、パソコンやビジネススキル、高いコミュニケーション能力が必要となるので、今後貿易事務の仕事に就くことを目指している人は、求人情報をチェックする前に、パソコンの基本操作やビジネスマナーについて学んでおくと良いでしょう。
貿易事務の求人情報は、商社やメーカーが出していることが多いですが、貿易に携わる船会社や倉庫会社でも募集されていることがあります。
時給は1500円から3000円程度が一般的ですが、企業によって異なるので、自分の理想に合う求人情報を探しましょう。

就職活動の基礎知識

男女

輸出入に関連する企業との結びつきが緊密な人材紹介会社に登録するのが、貿易事務の求人を紹介してもらい、就職を実現するための最善の方法です。
登録してコンサルタントとの面談を通じて、仕事探しの方針を決めるのが、短期決戦型の就職活動のポイントです。
語学力がある人や実務経験が長い人は、貿易事務の分野で即戦力として活躍できますが、教育を受けてスキルを高めるのがトレンドです。
様々なテーマのセミナーを主催している人材紹介会社に相談すると、求人への応募にも役立つ、最適な受講プランを提案してくれるでしょう。
特に貿易事務の仕事にも直結する、資格取得関連のセミナーや、運送の手配や保険をテーマにしたプログラムが有益です。
しかし登録した人のニーズにマッチした求人を紹介してもらうには、貿易事務の仕事の具体的な内容について理解を深めることも重要です。
業種の違いによって仕事の内容が異なる場合もありますが、主要な輸出入先の違いによっても、必要なスキルや業務内容は大きく変わるでしょう。
更に物流関連の業界でもIT化が進んでいるので、ハイレベルな語学力に加えて、高度なパソコンの技能が求められる事例も多いです。
ウェブ上で学べる教育システムを活用して、就職に備えてスキルアップを実現するのが、ハイレベルな求人に応募する場合の必須条件です。
一方で未経験者が中堅の商社や貿易会社に応募する場合には、仕事への意欲とチャレンジする姿勢が求められるでしょう。