Employment activities

貿易事務で働くなら求人情報を確認【気軽に調査できる】

必要な条件やスキル

採用されるためには

男女

貿易事務の求人は、事務の中でも高収入な職種の1つです。
仕事内容としては、輸出や輸入に関するやり取りを企業と行うのですが、海外とのやり取りも多いです。
そのため、語学力が高くなければ、まず採用されることはありません。
中途の場合は経験者しか採用されないイメージがあるかもしれません。
しかし、貿易事務の場合は、スキルさえあれば未経験だとしても採用されることがあります。
貿易に関する知識は働く上で必須となるのですが、働きながら学んでいくことも可能です。
未経験の場合は貿易に関する研修なども行われることが多いですから、最低限のスキルがあれば採用されることもあるでしょう。
貿易事務の求人に応募する際に強みとなるのは、やはり語学力です。
世界の共通語とされている英語がどれだけ話せるかによっても、採用される確率に差が出てきます。
また語学力に長けているだけではなく、コミュニケーション能力も高い方が仕事を行う上でもメリットになります。
貿易事務の求人は、正社員として募集しているだけではなく契約社員や派遣社員も数多くあります。
そのため、語学力があり、高収入を狙える事務を行いたいと考えている方は、貿易事務も選択肢の一つに入れておいた方が良いでしょう。
同じ貿易事務の仕事だとしても、企業によって募集している内容や求人内容が異なります。
メインは電話などで企業とやりとりをすることになるのですが、それ以外の仕事も任せられることがありますので、応募する際には仕事内容をしっかりと確認しておくことが大切です。

重視するポイントを考える

男の人

一般事務以外に、比較的求人数が多いのが貿易事務です。
特に近年は英語が得意でその英語を生かした仕事がしたいという志向を持っている人が多いので、英語を活用できる求人が人気となっていますが、貿易事務は英語を活用する点で人気になっています。
この求人は大手商社から小さな輸出入の会社まで会社の規模は様々ですが、ポイントは2つあります。
1つは経験者採用が多い点です。
貿易事務はまず貿易の流れを理解していなければならず、さらに専門的な書類が必要になります。
また英語も一般的なものでなく専門用語が絡んできます。
このような点から未経験者がすぐに飛び込むのは難しい原状があります。
会社として即戦力が欲しい事もあり経験者を採用しがちです。
2つ目は正社員でなく、派遣や契約者員が非常に多い点です。
経験者採用といっても簡単に見つからない場合もあり、会社としては人材を補強する必要があります。
そこで派遣や契約社員で一定期間を人の不足を補うケースが多々あります。
この場合は経験があれば十分ですが、未経験者でも全く問題はありません。
派遣や契約社員として経験を積んでから、貿易事務の正社員を目指す方法もあります。
これ以外に貿易事務の特徴としては、相手が海外になる場合が多い事から残業が多くなる場合があります。
残業が多いのか求人欄に記載がなければしっかり確認する事が必要です。
また貿易事務といっても会社によって扱い商品は違ってきますし、専門商社の場合は扱う商品が限られます。
どのような貿易業務が中心になるのかも自分が興味を持てるものなかも含めて求人を確認する事が大切です。

世界を相手に事務で活躍

男性

世界を相手にした仕事というと、商社など営業色のイメージを思い浮かべやすいです。
しかし、グローバル化した現代においてはそれ以外にも様々な職種が存在しています。
特に、貿易事務という仕事は、営業のように世界中を駆け巡る訳ではなく、日本にいて事務能力をフルに活用しつつ海外とのやり取りに従事できるというやりがいもあります。
近年では人手不足も相まって、未経験者でもオーケーとする求人も数多く出てきています。
そのため、これまで事務職として勤務してきたけれども、他にやりがいのある仕事を見つけたいという方や、社会人としてそれなりに事務の経験があるものの、一度家庭に入ってしまってブランクがあるため新たなキャリアを形成したいという方にとって貿易事務はお勧めです。
それでは、貿易事務の求人情報はいかにして探せばよいのでしょうか。
一般的に求人情報サイトなどで情報収集したり、求人情報を数多く保有しているエージェントに登録して就職活動を行うことが定番の方法ですが、なるべくであれば、貿易事務の求職支援に強みのあるところを利用するようにしましょう。
インターネットで検索すれば、そういった会社はすぐに見つかりますので、これを活用しない手はありません。
貿易事務を募集している会社には、商社以外にも海外に商品展開を行っている多くの企業があります。
そのため、まずは自分の希望する勤務条件や理想とするキャリアプランなどのイメージを固めたうえで、それに合ったところにエントリーするようにしましょう。