Employment activities

貿易事務で働くなら求人情報を確認【気軽に調査できる】

小さな貿易会社に就職する

英語力と実務検定を取得

ウーマン

求人情報を見ると貿易事務に関する募集がかなりあります。
貿易事務と言えば輸入や輸出がメインの仕事なので、限られた大手しか求人募集をしないと思われがちです。
しかし実際は貿易事務にも食品関係や電化製品、衣料や車、そして医薬品など身の回りの必需品を扱っている貿易会社が大半なのです。
そのため個人経営の小さな会社もあれば、世界的に有名な大企業まであるのです。
全くの未経験な人が貿易事務の仕事に就くなら、小さな個人経営的な求人募集にターゲットを絞ると良いでしょう。
そのような個人経営的な貿易会社でも英語力は必要ですので、大学生なら在学中にTOEICで600点以上を取っておくべきです。
貿易事務の仕事は実際に現場で働いている内に身につくものです。
また、個人経営的な小さな貿易会社は規模が小さいので、事務処理から電話での応対などあらゆる業務をこなすことになります。
そうすることで、貿易事務に必要なコミュニケーション能力が自然と身につくのです。
そのため、将来的に大企業の貿易事務をやりたいのなら、初めは小さな会社で全てを勉強してからの方が有利といえるでしょう。
基本的な事務仕事は似たり寄ったりなので、充分に活躍できます。
また英語力と同じく重要なのが貿易実務検定の資格です。
小さな貿易会社でも求人採用する時には、貿易実務検定の資格を持っている人を優先的にピックアップします。
TOEICと一緒に貿易実務検定を在学中に取得しておくと良いでしょう。

やりがいのある採用情報

ウーマン

総合商社や海運会社などで働いてきた人たちが、転職先として積極的に選んでいるのは、貿易事務に関連した求人です。
ハイグレードな正社員向けの求人サイトや、大手企業とのつながりが深い派遣会社を活用すれば、やりがいのある貿易事務の仕事を見つけることができるでしょう。
海外に向けて自社製品を販売する企業が増えており、製造業関連の採用情報の中から、貿易事務に関連した仕事を選びます。
特に自動車や各種機械メーカーは、売り上げの中で輸出が占めるシェアが大きいので、貿易事務の経験者が活躍するチャンスも豊富です。
商社などで売買契約書を作成したり、輸出書類整備の実務にも携わった人であれば、採用直後から即戦力として働けるでしょう。
しかし貿易事務の求人は条件面でも魅力があり、人気も急速に高まっているので、派遣会社に登録して直接仕事を紹介してもらうのが効率的です。
紹介予定派遣の求人も充実した派遣会社であれば、語学力が活かせる、グローバル企業の仕事も紹介してくれるでしょう。
そして、国内にとどまらずに、海外の事業拠点でも貿易実務の分野で活躍できる点が、大手企業の仕事が注目される理由です。
適材適所に人材を配置するのが、メーカーや物流系企業の特徴であり、仕事を通じて新たなノウハウも蓄積できるでしょう。
輸出入に関する実務に加えて、製造業の商慣習や生産ラインに関する知識も深めるのが、転職先で収入アップと昇進を実現する秘訣です。

英文科も役立てられる

レディ

貿易事務の求人に応募するためには、英文科を卒業していたり、語学に長けていたりすると応募しやすくなるものです。
その理由は、仕事内容に適しているからです。
海外との取引になるため、どうしても英語を使う機会が出てきます。
そこで、英文科などに直接、求人情報が入ってくることもあるのです。
英文科というと、通訳や翻訳をしたいという人が通う傾向にあります。
それが貿易事務という事務職の求人になるのは解せない人も居るはずです。
しかし、貿易事務の仕事には通訳や翻訳をすることもあります。
これまで学習してきた知識を活かすことができるところでもあるわけです。
まず、求人情報を集めてみましょう。
求人サイトや転職サイトなどを見てみると、貿易事務の応募資格は職場によって異なることが分かります。
未経験者でも積極的に採用してくれるところもあれば、経験者ではないと不可というところもあるので、じっくりと比較をしてみましょう。
それから、正社員雇用ではなく派遣社員を募集している職場もあります。
人材派遣の会社に登録をすると、貿易事務の仕事を紹介されることもあるのです。
単純に事務職を希望している人でも貿易事務の仕事を紹介されることがあります。
基本的には貿易事務も一般事務と同じ仕事内容です。
事務の仕事の経験がある人なら、ひとまず務まります。
あとは貿易に関する専門的知識を身につければいいだけのことです。
求人内容によっては研修制度も設けている職場もあるので、知識に自信がなくても安心して働けます。